PS3本体

40GB版(PS2非互換)

PS2との互換性がない40GB版(定価39,980円)が、2007年11月11日に発売されました。

40GB版は無線LAN対応ですが、2006/11/11から発売されている60GB版と比べると
・PS2の互換性の削除
・USBポートの減少(4→2ポート)
・メモリカードスロットの削除
・本体重量の減少(5→4.4キロ)
・消費電力の減少(約380→約280ワット)
等の変更が加えられています。

現時点では、PS2の互換性・HDD容量を重視すると、まだ60GBがお勧めです。
※ただし、不確定ですが40GB版でPS2がプレイ可能なエミュレート機能を、将来PS3に実装するかもしれないという情報があります。

20GB版と60GB版

2008/01/10に、PS2と互換性のあるPS3本体(20G版・60G版)の日本国内出荷を2008年1月に終了する(ただし需要が多ければ復活)とSCEから発表がありました。
PS2と互換性のあるPS3の需要は大きいと予測される為、2008年1月以降は20G版・60G版の市場価値(中古・オークション等での価値)が上昇する可能性があると思われます。

2006年11月11日にPS3本体は20GB版・60GB版が発売されています。
両方とも、基本的にはPS2と互換性があります(一部ゲームは非互換)。
本体を買う時に20GB版・60GB版ではどちらがいいのか迷ってしまいますが、

  • 20GB版は体験版をたくさんダウンロードするとあっという間に使い切る
  • 60GB版は無線LAN対応なので、長いLANケーブルをひぱってこなくていい
    ※自宅に無線LAN対応ルーターがある場合
  • 60GB版はPS3とPSPの直接通信が出来る(リモートプレイ)

等の理由により、迷わず60GBがお勧めです。

  • 2007年10月9日に現行モデルの定価が5000円安くなりました。
    20GB版 49,980円 → 定価44,980円
    60GB版 オープン(実売59,980円前後) → 定価54,980円

インターネット接続

PLAYSTATION3はインターネットに接続すると

  • アメリカの体験版ダウンロードが可能
  • 鉄拳5などのダウンロード販売のみのソフト選択が可能
    が可能になり、楽しみが広がります。
  • 体験版は数十メガ〜数百メガ単位となりサイズが大きい為、ADSLや光ファイバー等の高速なインターネット回線がお勧めです。

[ 戻る ]




トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


プレステ3 公式サイト:Japan America
GAMEの最新定番ニュース:GAME Watch ITmedia ガジェット

姉妹サイト:
検索エンジン・ポータルサイトのリンク集 夢事典・夢診断Wikidream 名作シネマ☆セリフ ケータイ小説・童話
格安ファーストフード情報 お勧めJ-POP☆邦楽
気になるIT用語辞典 気になる経理用語辞典 気になる現在・時事用語

ライトゲーム感覚のタロット占いiPhoneアプリ「Tarot mini
Tarot mini for iPhone/iPod touch

Last-modified: 2008-02-02 (土) 20:51:40 (4274d)

PC・モバイル(スマートフォン/携帯)サイト制作-構築-App開発の和道株式会社